「誤作動する脳」シリーズ ケアを開く

装画、章扉の絵などを描きました。認知症の中でアルツハイマーの次に多いと言われるレビー小体型認知症。その当事者が語る、誤作動した脳が作り出す、不思議な世界。リアルな幻視は、まるでSF映画のようですが、当事者にはあくまでリアルで日常なのだという困難さが伝わります。そして不調を持ちながらも、冷静にご自分の症状を伝えています。
樋口直美/著
BD : 加藤愛子(オフィスキントン)
PB : 医学書院

PAGE TOP